サイパン島の詳細


サイパン島は、アメリカ合衆国の自治領、北マリアナ諸島の中心的な島です。北マリアナ諸島は、ミクロネシアのマリアナ諸島のうち、サイパン島、ロ他タ島、テニアン島など、南端のグアム島を除く14の島から成ります。主とはサイパン島のススペです。最初にこの島々に移住した人たちの子孫は「チョモロ人」と呼ばれています。現在は、カリオン諸島(ミクロネシア連邦)との交流の伝統から、カロリン諸島系の住民である、カロリアンも少なくありません。

北緯15度13分、東経145度43分に位置し、正式な国名を「北マリアナ連邦」といいます。人口は約58,000人、面積は185平方キロメートルです。時差は日本よりも1時間早く、通貨はUSドルです。

サイパンの気候は、熱帯性海洋気候に属し、平均約27度の常夏の島です。気温は約20度〜33度と暑く、水温は平均で25度あります。年間平均湿度は79パーセントです。季節は雨期と乾期にわかれ、雨期には湿度がさらに高くなります。熱帯性低気圧が発生すると、数日にわたり大雨が降り続くこともあります。また、一年を通じて、スコールがあります。スコールというのは、一箇所だけに一時的に降る雨をいい、「シャワー」と呼ばれます。

9月〜11月が台風シーズンにあたることから、この時期を避けた乾期が旅行シーズンといえるでしょう。日中は日差しが相当きつくなることから、日焼け対策を万全にしてください。また、朝夕は冷え込むこともあるので、サイパンを旅行する際には、何か一枚羽織るものを用意することが勧められます。