ロタ島について


日本からサイパン島へ観光に訪れる観光コースのなかによく含まれるのが、ロタ島観光です。ロタ島は、サイパン島と同様、アメリカ合衆国の自治領のひとつで、北マリアナ諸島の島のひとつです。北にはテニアン島、南にはグアム島があります。グアム島は、アメリカ合衆国の準州です。ロタ島の面積は85平方キロメートルです。サイパン島、テニアン島と同様、ロタ島でもマリンスポーツやスキューバ・ダイビングなどが人気です。主な観光産業となっています。これはミクロネシアの島々全体にいえることです。日本人旅行者の多くもこの魅力に惹かれて訪れるのでしょう。

ロタ島は、一時期、日本に支配権があったこともあります。歴史的にはスペイン、ドイツによる統治があり、1914年に日本が占領しました。赤道以北の南洋諸島を日本が占領したことによります。その後、1920年には国際連合の委任統治領となった、という歴史をもっています。

ロタ島は、近隣のサイパン島やテニアン島に比べて開拓が遅れました。それでも1935年にはここに製糖工場が完成しました。これにより砂糖の生産が開始されることになりました。しかしこれも長くは続かず、3年余りで操業は停止してしまったといいます。

戦中は、幸い、この島で地上戦は行われなかったことから、終戦まで周辺から孤立した状態にありました。戦後は、国際連合によるアメリカ合衆国の信託統治下となりました。1978年以降は、アメリカの自治領となりました。