マリアナ諸島について


サイパン島は、マリアナ諸島のなかの北マリアナ諸島に位置します。マリアナ諸島というのは、ミクロネシア北西部の列島をさします。東は北西太平洋、西はフィリピン海を境界とし、北には小笠原諸島が、さらには南にはカロリン諸島があります。

マリアナ諸島の大きさは、南北が約800キロメートルになります。この長さにわたって約15個の島から構成されます。位置は、北緯13度から21度、東経は144度から146度の間になり、弧状に広がっています。

南端にはグアム島がありますが、このグアム島を除く島々を北マリアナ諸島といい、サイパン島から北の島々が北部諸島と呼ばれます。

マリアナ諸島は、すべてアメリカ合衆国の領となります。別の行政区画となり、準州、コモンウェルスというそれぞれ異なる地位があります。行政区画は、グアムと北マリアナ諸島で、それぞれ別で、グアムは準州、北マリアナ諸島はコモンウェルスとなります。

準州というのは、アメリカなど、州からなる連邦国家のなかで州ではない行政区画をいいます。準州は、他の州よりも自治権が弱く、連邦政府の権限が強いのが一般的です。準州はその後、州に昇格する可能性があります。ただし、自治権や外交権、および住民のさまざまな権利に関しては、それぞれの国において定義がまちまちです。

一方、コモンウェルスは米国自治連邦区です。米国の海外領のなかで政治的な地位をもつ属領、保護領のことです。現在、プエルトリコおよび北マリアナ諸島のふたつの地域がこれに該当します。