コモンウェルスについて


サイパン島は、アメリカ合衆国のコモンウェルスです。サイパン島を含む、北マリアナ諸島全体が、アメリカ合衆国のコモンウェルスにあたります。ただし、グアム島は準州にあたり、別の行政区画となります。

準州とコモンウェルスはどのように違うのでしょうか?

コモンウェルスは、米国自治連邦区のことです。米国の海外領土のなかで政治的地位をもつ属領、および保護領のことです。自治領という呼ばれ方をすることもあります。プエルトリコおよび北マリアナ諸島の二つの地域が米国自治連邦区、すなわちコモンウェルスにあたります。かつては、フィリピンも独立前の1946年前にはコモンウェルスでした。

米国の50州のなかには、正式名にコモンウェルス、commonwealth をもつものが他にもあります。ケンタッキー州、マサチューセッツ州、ペンシルバニア州、およびバージニア州です。この4州はこの名称を含んでいても、サイパン島となどの場合のコモンウェルスとは別格と考えるべきです。イギリス連邦も、commonwealth を名前に含んでいます。しかしイギリス連邦は独立主権国家連合ですので、これもサイパン島などのコモンウェルスとは違います。

コモンウェルスは、米国主権下の属領、あるいは保護領です。自治政府による内政は認められています。しかし防衛や外交は認められておらず、これらについては米国が行います。コモンウェルスは、領土分類のなかでは、米国自治的・未編入領域に入るのです。