サイパンの戦い


サイパンの戦いというのは、太平洋戦争のなかでの戦いです。1944年6月15日から7月9日にかけて行われました。アメリカ軍と日本軍が、マリアナ諸島のサイパン島で行った戦いです。結果は、アメリカの勝利として終わりました。当時の指揮官は、「大日本帝国」側が、斉藤義次中将、アメリカ側はリッチモンド・ターナー中将とホランド・スミス中将です。日本軍は、第43師団が戦いに臨みましたが、アメリカ軍にサイパン島を占領されたのです。もともと戦力に大きな差があったのです。大日本帝国は、31000、それに対してアメリカ軍は、71000だったのです。

この戦いにより、日本側は戦死者21000、自決8000、および捕虜は921という損害が出ました。一方、アメリカ側は戦死者35000、戦傷車は13160でした。

この戦いは、1944年6月13日に、アメリカ軍によるサイパン島に対する空襲から始まりました。その後、戦艦や上陸船団を伴った艦隊がサイパン島に接近しました。そして艦砲射撃が開始されたのです。このサイパン島への侵攻で驚いたのは日本軍でした。

結局、戦いはアメリカ軍の勝利に終わりました。この戦いの後、サイパン島はこれに続くグアム島やテニアン島の攻略が始まったあとでマリアナ諸島での作戦やフィリピンへの侵攻の拠点となりました。その他、フィリピンや琉球諸島、日本本土への爆撃を行うための基地として使用されてしまったのです。

その後、日本がポツダム宣言を受諾したのちも、それを知らない海軍将兵が遊撃戦を継続し、サイパン島はなかなか戦争から解放されなかったのです。