サイパン島の景勝地


サイパン島は、かつてサイパン島の戦いが繰り広げられ、日本軍も含め、現地の住民も巻き込んだ大変な悲劇が起こりました。その爪あとは、今もサイパン島のあちこちに見ることができます。たとえば、終戦を願ったカトリック教徒による、聖母マリアの祠、や日本兵や住民が投身自殺を図った、バンザイクリフ、そのほかスーサイドクリフもそうです。スーサイドクリフは、マッピ山頂にある断崖です。非常にすばらしい眺望を楽しめる、観光スポットです。しかしここも戦争中に悲劇が行われた場所のひとつなのです。スーサイドクリフとは、「自殺の崖」という意味です。この名前の通り、悲惨な歴史をもつところです。現在は、この名称を改め、「ラデラン バナデロ」と変える動きがあります。現在ここは平和記念公園となっています。

サイパン島は、観光を売り物にしているように、すばらしい景勝地を随所に見ることができます。

たとえば、お勧めは、「キャビトルヒル」です。クロスアイランドロード沿いに知事公邸があり、この島の中央にある丘です。ここからは、タナバグ港やマニャガハ島を見渡すことができます。交通が不便なのが難点であるサイパン島ですが、島を一周する場合には、是非、寄ってみてください。レンタカーなどを利用するといいかもしれませんね。

その他、バードアイランドも良いでしょう。その名前の通り、海鳥が集まる小さな島です。ただし島へ渡ることはできません。