北マリアナ諸島について


サイパン島は、北マリアナ諸島の中心的な島で、アメリカ合衆国の自治領です。首都であるススペもこの島の中にあります。北マリアナ諸島は、面積477平方キロで、人口は2万人。主な都市がサイパンです。民族は、ミクロネシア系で構成され、主要な言語は英語です。英語が公用語です。そのほか、チャモロ語が話されています。宗教は、主にキリスト教で、大部分はキリスト教徒です。通貨は、アメリカ=ドルです。アメリカの自治領であるからです。

 今、北マリアナ諸島というのは、どのような状態にあるのでしょうか?

北マリアナ諸島は、アメリカのコモンウェルス、つまり自治領という地位にあります。北マリアナの住民は自治権をもち、みずからが採択した憲法にそって内政を行います。一方、アメリカは、外交と防衛に関する事項に全面的な責任と権限を持ちます。

 今後、北マリアナ諸島にはどのような課題をもっているのかと、いうと、社会共通資本を整備することだと思います。北マリアナの経済開発は、急速に進んでいます。上下水道、電力、空港などの社会共通資本の整備が開発のテンポに追いついていないのが現状なのです。そのため政府は、外国からの援助をうけて整備を図りたいとアメリカに申し出ています。しかし北マリアナがコモンウェルスという地位であることが、この申し出を拒否される理由となっています。

 なかなか日本の私たちには理解しにくい関係が、アメリカとその自治領の間にはあるようです。