サイパン島の気候


旅行をするときには、気候や天候についての情報を把握して出かけることが大切です。

サイパン島は典型的な海洋性亜熱帯気候です。年間平均最高気温は27℃と、非常に快適です。特にすばらしいのは、年間を通して気温に変化が少ないことでしょう。マリンスポーツの島として、人気があるのもうなずけます。常夏の島ですから、1年中泳ぐことができ、海での遊びやスポーツを満喫することができます。

季節は雨季と乾季にわかれます。4月中旬から10月初旬が雨季であり、10月中旬から4月初旬までが乾季です。乾季には南国特有のスコールが降ることが時折あります。スコールは、ザッと降ってきて、少しするとカラリと晴れます。そのためさほど心配することはありません。少し雨宿りをして、かえってその雨を楽しんでみるのもいいですね。むしむししていた暑さが、引いて、かえって気持ちがいいくらいですよ。

一方、雨季は、毎日とはいいませんがかなりの雨が降り続きます。それよりも体感的につらいのは、湿度が高いことかもしれませんね。熱帯性低気圧が発生する可能性もあります。

ところが近年、雨季と乾季の区別があいまいになってきているという報告もあります。これも地球の異常気象のせいでしょうか? 乾季に台風が発生することも珍しくありません。

年平均最高気温は27℃、また、最低気温は22℃です。そして年平均降水量188mmとなります。時差は1時間です。日本より1時間進んでいます。たとえば、日本が午前6時なら、サイパンは午前7時ということになります。サマータイムは実施されていません。