チャモロ料理について


サイパン島では、その先住民族からの伝統である、チャモロ料理を是非、堪能してください。

でもチャモロ料理ってなんでしょう?

たとえば幾つか、代表的な料理をあげましょう。あなたが想像しているよりもずっとバラエティ豊かな味を堪能できます。

たとえば、「カドンティナッタク」はどうでしょう?これは、牛肉のココナッツミルク炒めといったらいいでしょう。スライスした牛肉をサヤインゲン、唐辛子と一緒に炒めます。そして最後にココナッツミルクで味を調えたものです。いかにも、島料理といった感じです。

また、見た目にも豪華なのは、「エスカベッチ」です。周囲の海で採れた新鮮な白身魚をから揚げにしたものです。サイパン島は周りが海ですから、是非、新鮮な魚介を食べてみるべきです。野菜はアチョーテという木の実の汁で煮込み、ソースをかけます。これは、家庭料理で、サイパン島ではとってもポピュラーな料理です。

また、ココナッツミルクはそのほかにも活躍します。「車海老のココナッツミルク煮」は、どうでしょう?エビフライや塩焼きなどを食べなれている人も、エビの新しい魅力を発見できます。採りたての新鮮な車海老を塩や胡椒で味付けします。そのうえで、ココナッツミルクで炒め煮した料理です。ここにちょっとだけ、唐辛子を隠し味に使うといっそう美味しさが増します。

「ハムホック」は、ちょっと見た目がグロテスクですが、食べてみると病みつきになります。これは豚足をスモークにして、もやしなどと一緒にアチョーテの汁で気長に煮込みます。やわらかくなるまでじっくりと・・・時間を気にせずに食を楽しむ、それもサイパン島の魅力です。