北マリアナ連邦での就労


サイパン島をはじめとして、北マリアナ連邦はとても魅力的な場所ですし、日本からの時差も1時間、手軽にいけるということもあり、サイパン島に訪れる観光客は年々増えています。それに伴い、現地の魅力に取り付かれ? ここで就職をしたいという人が増えています。ただし、実際には、さほど簡単にはいかないのが実情です。

では、サイパン島で働くには、どのような手続きや書類が必要なのでしょう?

たとえば、長期ビジネスビザが必要です。北マリアナ連邦内で事業を起こした人を対象としたビザです。有効期間は2年です。ただし更新が可能です。取得にあたっては、次の要件をみたす必要があります。まず、北マリアナ連邦内に合計15万ドル以上の投資をすることが求められます。かつ、次の条件を満たすことが必要です。北マリアナ連邦商務局に10万ドルの保証金を支払うか、それに見合う担保を提供することです。ただし、これらの条件のうち、特に後半のものについては厳しすぎるとの意見が多いです。そのため、見なおしが検討されているのが実情です。

また、事業を起こすとまではいかなくても働く場合には、就労ビザが必要です。これは北マリアナ連邦内での就労を目的としたビザです。有効期間は1年です。北マリアナ連邦内で雇用されることが前提であり、その場合、申請は雇用主がするのが通常です。ただし、1998年の3月に発効した新規ビザの発給一時停止措置があり、現在は一部の例外を除き、原則としてビザ取得が出来なくなっています。例外というのは、たとえば、すでに発給されたビザの更新、現在ビザを所持する者で、その交代として申請する場合。また、現在ビザを所有する者で、現在の雇用主または新規の雇用主となる人の双方が移籍に合意した場合です。あるいは、現在所有するビザの失効後45日以内に新規雇用先を見つけ、再度、申請する場合もこの例外的な原則に相当します。