アメリカの領土拡大


サイパン、つまりサイパン島は、現在、アメリカ合衆国の自治領、すなわちコモンウェルスです。自治領というのはどのような地位にあるのでしょうか。北マリアナ住民は自治権をもち、みずからが採択した憲法にしたがって内政をおこないます。一方、アメリカは外交と防衛に関する事項に全面的な権限をもっています。ただし、観光開発などの資金提供の申し出に対しては、なかなか応じてもらえないのが現状です。

 アメリカは、イギリスから植民地を13州、割譲されて独立を果たしました。しかしその後もさまざまな国、たとえばイギリスやスペイン、フランス、メキシコから植民地や領土を割譲され、または買収しながら、自分の国の領土を西へと拡大していきました。その過程でどんどん新しい州を新設していったのです。そうして植民地と州の境をあいまいにしていったのです。

 アメリカのこのような領地の拡大は、非常に短期間でした。西海岸に到達すると、次に目を向けたのが、サイパン島もある、太平洋です。まずは北部のアラスカからロシアを買収し、その後ハワイを合併しました。そうしてそのあとに州に昇格させて自国の領土内に完全な合併を果たすのです。そのごは、米西戦争でのスペインに対する勝利によって、スペインの統治下にあったカリブ海のキューバやプエルトリコを植民地化しました。その勢いは、さらにアジアにまで色狩り、フィリピンやグアムもアメリカの植民地となったのです。