サイパン島の観光の変遷


サイパン島は、日本から約3時間という短時間で気軽に行けることから、かつては、この島に訪れる観光客の大半は日本人でした。そのため、日本人観光客を対象とした、マリンレジャーやスポーツ産業がサイパン島の主な観光産業でした。

しかし、最近では日本からの観光客が減少傾向にあります。原因としてはJALの休便が影響しているといわれます。日本人観光客の減少によって急増しているのが、韓国や中華人民共和国からの観光客です。そのほか、ロシア人からの観光客もみかけるようになっています。合衆国本土よりも入国審査が緩やかであることが影響しているのでしょう。

かつての日本人観光客の隆盛時代を反映し、ホテルや免税店、おみやげ物屋さんでは、日本語が通じるところが多いです。しかしそれらの多く、特に市中の商店や居酒屋、食堂などは、そのほとんどが韓国人の経営です。韓国本土からは、サイパン島への留学が盛んという面もあります。英語ができると将来有利である、ということから母親づれで子どもたちが来て、小学校や中学校へ入学している家族もあるのです。韓国の教育熱心な国民性を反映しているのでしょう。今後は、この傾向が中華人民共和国へも広がるかもしれません。

また、これはあまり知られていないサイパン島の魅力のひとつなのですが、サイパン島は、関税や消費税などの間接税がかからないのです。そのため、島の全体で、免税で買い物ができるのです。